Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

VMWare Playerで仮想マシンを作成したら、自動的にWindows 8のインストールが開始する。インストールがうまく動けば、言語設定の画面が表示される。

「次へ」を押して進む。ライセンス同意画面になるので、問題なければ「同意します」にチェックをつけて「次へ」を押して進む。

インストールの種類の選択画面では、アップグレードかカスタムが選択できる。アップグレードは既存のOSがある場合その環境を引き継いでWindows 8をインストールする事が出来る。仮想マシンは空の状態なので、「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択する。

次にインストール先ディスクの選択画面になる。「次へ」を押して進む。

これだけで、後は自動的にWindows 8のインストールが行われるので、しばらく待機する。しばらく後、仮想マシンが再起動してパーソナル設定画面が表示される。

好きなテーマカラーを選択し、適当なPC名を入力する。その後、「次へ」ボタンを押す。

設定では「簡単設定を使う」か「自分で設定する」が選択できる。「簡単設定を使う」で問題ない。

次の画像は「自分で設定する」を選択した場合に表示される、選択可能なオプションである。「自分で設定する」を選択した場合でも、基本的にはデフォルト設定のままでよい。

次に、サインイン画面が表示される。Microsoftのアカウントを使うと、ほかのWindows 8のパソコンと環境を同期したり便利な機能を使うことができる。Microsoftのアカウントを使わず、ローカルのユーザーアカウントのみで使うことも可能だ。

Microsoftアカウントを使わないか、Microsoftアカウントを入力しても通信エラーが発生した場合ローカルアカウントの作成画面になる。いずれを選択しても、後から相互に切り替え出来る。

ローカルアカウントを作成する場合、ユーザー名とパスワード、パスワードのヒントを入力する。入力後、「完了」ボタンを押す。

「完了」ボタンを押した後、もうしばらくWindows 8の準備処理が走る。しばらく待つと、いよいよWindows 8の画面が起動する。

以上でWindows 8のインストールは完了だが、VMWare Player上でWindowsを快適に動かすためにもう1ステップ必要となる。

次のステップでVMWare Toolsのインストールについて説明する。


This post is also available in: 英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*