Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

32bitか64bitか。Windows Vistaが登場した時は64bit OSが出始めたばかりと言う事もあり、64bitに移行するのはリスクが多かった。対応ソフトウェアが少ない、対応ドライバーが少ない、32bitのソフトが動かないなどなど。

今は64bit対応のソフトやドライバーも増えて来ている事から、64bitで動作しない32bitのソフトを使う必要が無い限り、64bitのOSにしておく方が将来的にも都合が良いと思う。

選択しようにも選択できないケースがあるので、幾つか紹介したいと思う。

32bitしか選択できないケース

32bitのOSを選択せざるを得ないケースとして、以下の様なものがある。

  • CPUが64bitに対応していない
  • メモリが2GB未満である
  • 現在32bitのOSを使っており、環境をそのまま引き継ぎたい
  • 64bitのOS上で動作しないソフトがある
  • 64bitのOSに対応していない周辺機器がある(ドライバーが無い)

CPUだが、最近のPCであれば64bit対応に問題ないような気がするが、意外と対応していないPCも多い。少し前の安価ノートなPCではAtomプロセッサが採用されている事が多いが、このAtomプロセッサは64bitに対応していない可能性がある。Atomプロセッサの64bit対応については、Wikipediaに情報が載っている。Vaio Type Pシリーズなどがこれにあたる。

自分が現在使っているCPUやOSの種類は、スタートメニューのコントロールパネルを右クリックした時に出てくる「プロパティ」を選択すると出てくるシステム情報で確認できる。

Atom以外のIntelやAMDのCPUで64bitに対応しているものについては、x64のWikipediaで確認できる。

CPU以外のケースについては、そのままの通りである。現在32bitのOSを使っている場合、64bitのOSに環境は引き継げず、その逆も同様である。bitが異なるOSに移行したい場合、新規インストールとなる。

64bitしか選択できないケース

逆に64bitしか選択できないケースとしては、以下の様なものがある。

  • メモリを4GB以上搭載している
  • 現在64bitのOSを使っており、環境を引き継ぎたい
  • 64bitに対応したソフトを使いたい

32bitのOSはメモリをどんなに搭載していても3.5GBまでしか使えない制約がある。このため、ゲームやグラフィック、ビデオ編集などを行うためにメモリを多く搭載している場合、64bitを使わないと有効活用する事が出来ない。

また、画像/映像系のソフトでは32bitと64bit両方のバージョンを出している事があるが、メモリを大量に使うソフトでは64bitの方が速度や効率面で良い。

多くの場合は、CPUやメモリの条件、もしくは現在使っている環境の引き継ぎのために自動的に32bitか64bitが決まってしまうのではないかと思う。

次は、エディション及びアップグレードについて説明する。


This post is also available in: 英語

Windows 8の種類を選ぶ-その2 32bitか64bitか」 に1件のコメント

  1. […] 下のサイトが参考になるかと思う。 Windows 8の種類を選ぶ-その2 32bitか64bitか […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*