Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Windows 8の新規インストールのインストーラー起動後からの手順について説明する。

ハードディスクの内容はすべて消えるため、必要なデータが残っていたりリカバリCDを作成していない場合は、事前にバックアップを作成しておこう。

インストーラー起動後、言語の選択画面が表示されるので「次へ」ボタンを押し、次の画面で「今すぐインストール」ボタンを押す。

次にプロダクトキーの入力画面が表示されるので、プロダクトキーを入力する。プロダクトキーはDVDメディアが入っていたパッケージに記載されている。

ライセンス画面が表示されるので、内容に問題がなければ「同意します」にチェックをつけ、「次へ」ボタンを押す。

インストールの種類画面が表示されるので、「Windowsのみをインストールする」を選択する。

インストール先の選択画面が表示される。新品のHDD/SSDであれば「次へ」ボタンを押す。既存のOSが入っている場合、一度すべてのパーティションを削除する。ここでパーティションを削除した場合、すべてのデータが消去される。

パーティションを削除するには、「ドライブオプション」をクリックする。

削除するパーティションを選択し、「削除」をクリックする。削除確認のメッセージが表示されたら、「OK」を押す。

複数のパーティションが存在する場合、すべてのパーティションがなくなるまで削除を繰り返す。

パーティションがなくなったら、「次へ」ボタンを押す。

インストールが始まるので、しばらく待機する。

しばらくたつと自動的に再起動し、パーソナル設定画面が表示される。好みのテーマカラーを選択し、好きなPCの名称を入力後「次へ」ボタンを押す。

簡単設定を使うか、自分で設定を行うか選択する画面が表示される。自分で設定しても良いし、後から設定は変更できるので「簡単設定を使う」で進めておいても良い。「自分で設定する」を選択した場合でも、設定を変更する箇所が無ければすべてデフォルトのまま次へ進めば良い。

参考までに、自分で設定するを選択した場合の設定画面も掲載しておく。

PCへのサインイン画面が表示される。ここでMicrosoftのアカウントを持っていればアカウントで使用しているメールアドレスを入力する。Microsoftのアカウントを使わない場合やネットワークにつながっていない場合は「Microsoftアカウントを使わずにサインインする」をクリックして、ローカルのアカウントを作成する。

Microsoftのアカウントを使っておくと、複数のPCでWindows 8を使用している場合に自動的に設定を同期してくれるなどのメリットがある。Microsoftのアカウントを持っていない場合、ここで新規に作成する事が出来る(無償)。

新規に作る場合は、「メールアドレスを新規登録」をクリックする。

が選択できる。すでに誰かが名称を使っている場合エラーとなるので、その場合は他の名称に変更する。

パスワードは文字、数字、記号を混ぜて8文字以上にする必要がある。条件を満たしていない場合警告が表示される。姓名はニックネームなどでも問題ないが、郵便番号は有効な番号を入力しないとエラーではじかれる。

パスワードを忘れた場合に復元するために、携帯の連絡先、メールアドレス、秘密の質問と回答のうち2つを指定しておく。ここで指定するメールアドレスはMicrosoftアカウントで作成中のアドレスとは異なるアドレスを入力する必要がある。携帯や他のメールアドレスが無い場合、適当に入力しておいてもエラーにはならない。

最後に、生年月日と性別を入力する。Microsoftからのメールが不要であればメールを受け取るチェックボックスを外しておく。

「表示されている文字を入力してください」と表示されたら、画像に表示されている英数字を入力する。大文字小文字は無視されるので、全部小文字で入力しても問題ない。

これでアカウントが作成される。その後、Windowsのインストールの最終段階に進むのでしばらく待つ。

インストールが完了すると、スタート画面が表示される。デスクトップに移動して、必要なドライバーやアプリケーションをインストールしよう。

シャットダウンや再起動したい場合、「Win + I」キーを押すと設定チャームが画面右に表示されるので、チャーム下にある「電源」アイコンをクリックするとシャットダウン等のメニューが出てくる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*