Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Windows 8ではシャットダウンの手順がチャームを呼び出す等やや面倒だ。そこで、シャットダウンや再起動のショートカットアイコンやタイルを作っておくと少し便利になる。Win+Xのメニューに追加する方法も便利なので参考にしてほしい。

デスクトップで右クリックをして、新規にショートカットを作成する。

場所の入力で「shutdown /s /t 0」と入力し、「次へ」をクリックする。

ショートカットの名前はシャットダウン等、わかりやすい名前を付けておく。

これでショートカットは作成されるが、アイコンがWindowsデフォルトのアイコンで無骨なので、ショートカットを右クリックして「プロパティ」を開く。

プロパティウィンドウで「アイコンの変更」ボタンをクリックする。

アイコンがありませんのメッセージが出るので、「OK」をクリックする。

OS標準のアイコンの選択画面が出るので、好みのアイコンを選択する。フリー素材でICOファイルを探してきて指定しても構わない。

OKボタンをクリック後プロパティウィンドウもOKボタンをクリックして閉じる。これでシャットダウンのショートカットが作成される。

このショートカットをダブルクリックすると、すぐにシャットダウンが始まる。場所の指定で「shutdown /s /t 0」の代わりに「shutdown /l」とすればサインアウトのショートカットになるし、「shutdown /r /t 0」とすれば再起動のショートカット、「shutdown /h /t 0」で休止状態のショートカットになる。

shutdownに使えるパラメーターはコマンドプロンプトで「shutdown help」と入力すれば確認可能だ。

さて、このショートカットだが、アイコンを右クリックして「スタートにピン留め」すれば、スタート画面にタイルとして貼り付ける事もできる。

ただ、タイルにはりつけた場合このタイルを触った瞬間シャットダウンしてしまう為、便利であり危険でもある諸刃の剣である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*