Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Willcom D4やViliv N5など、解像度不足でストアが使えない場合やデスクトップのみで使用したい場合、Windows 7のシェルを使いデスクトップ専用環境にするツールがある。

よくできたツールで、以下のメリットがある。

・いつでも簡単にWin7 / Win8環境に切り替え可能
・ユーザー毎に切り替え可能
・システムファイルは影響を受けない
・自動ログインを設定しておけば電源オン後デスクトップまで一直線
・従来のスタートメニューが使用可能
・Windows 8のシェル機能(タスクマネージャなど)はそのまま利用可能
・Modern UIのモジュールがロードされないため少しメモリ使用量が減る
・Windowsキーでスタートメニューが出る

デメリットとしては

・Modern UI関連のソフトは利用不可(面倒だがユーザーで切り分ければ良い)
・Win + PrintScreenによるスクリーンショット機能が使えない

古いネットブックで従来通りのデスクトップ環境使用でWindows 8の高速動作の恩恵を受けたいだけであれば使えるツールである。

本ツールはWindows 7のモジュールを使う為、Windows 7のDVDメディアか、メディアから抜き出したsourcesフォルダにあるinstall.wimファイル(約2GB)が必要となる。これは各自で準備しておかなくてはならない。

インストールは簡単で、まず配布サイトからex7forW8_1.0.zipをダウンロードする。

ダウンロード後、圧縮ファイルを展開しex7forw8_setupを適当な場所にコピーし実行する(下記画像のsourcesフォルダは筆者がWindows 7のDVDからコピーしたもの)。

起動するとインストール先を聞いてくるので「Install」ボタンをクリックする。

Windows 7のファイルの場所(install.wim)を聞いてくるので、DVDメディアを準備し「Find automatically」をクリックするか、「Specify folder」でinstall.winの場所を指定する。

Windows 7のファイルが正しく指定されていれば、SUCCESSのメッセージが表示されるのでOKを押す。

シェルの切り替え画面がでるので、「Use Windows 7 explorer」をクリックする。

シェルが切り替わりログオフするか聞いてくるので、「はい」をクリックする。

ログオフ後サインインするとスタート画面は出ず、Windows 7のシェル画面(デスクトップ画面)が表示される。左下にWindows 7のスタートメニューが出ている事もわかる。

後は好きに使うだけである。Winodows 8に戻したい場合は「Switch shells」を起動しきりかえれば良い。

Modern UIスタイルのアプリは使えず、起動しようとするとエラーメッセージが表示される。

筆者はWillcom D4をSSD / Windows 8 / 上記7シェル化したが、かなり快適である。

IMEツールバーを表示する

シェル化後、IMEツールバーを以下の手順で表示させる。

コントロールパネルを開き、「時計、言語、および地域」をクリックする。

「言語」をクリックする。

「詳細設定」をクリックする。

「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックをつけ、「オプション」をクリックする。

好みで表示形式を設定する。

これでIMEツールバーが表示される。


This post is also available in: 英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*