Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

※2014/4/6 Windows 8.1からSD8686の無線LANが上手く動作しなくなりました。

Willcom D4にWindows 8 Proをインストールした際の簡単な流れを紹介する。

Willcom D4は32bitのATOMプロセッサーなので、32bit版のWindows 8 / Proをインストールする。

最初Windows 7の状態から設定やファイルを保持したままアップグレードしようとしたが、何度やってもファイル転送後の再起動で起動画面から進まず、アップグレードインストールする事ができなかった。仕方ないので、パーティションを削除しクリーンインストールした。なんらかのデバイスドライバーが影響しているのではないかと思うが、解析する体力がなかったので断念した。

インストールには結構時間がかかる。そこそこ高速なSSDに換装していたが、インストールにかかった時間は2時間ぐらいである。その前のアップグレードに失敗した分も含めると、半日ぐらいかかった。さらに、その後の無線LANのパッチや休止状態の対応まで入れると2日以上・・・はさておき、

インストール自体は時間がかかるものの特に難しい事はない。DVDから起動後既存のパーティションを削除もしくはフォーマットし、クリーンインストールすればインストールできる。後でドライバーが必要になるのでSHARPフォルダーのコピーはUSBメモリなどにとっておこう。また、HDDの最後の方にあるリカバリー用パーティションは残しておけば後から出荷時の状態に戻したくなった際に利用できる。リカバリーメディア作成済みなら消しても構わない。(パーティションを残しておけばリカバリーメディアが無くてもリカバリー可能。また後日記事で手順を説明する。)

インストール後、ドライバー類をインストールする。

まずはビデオドライバーであるが、筆者がインストールしたのはIntel GMA 5.0.0.2030である。本ドライバーはVaio Type PをWindows 8化する際にも利用できる(Type Pでは他のバージョンでは酷いノイズやBSODが出る)。

Intel Download Center

Intel® Graphics Media Accelerator Driver for Windows 7* 32 (zip)

ドライバーをIntelのサイトからダウンロード後zipを展開する。そのままsetupを実行しても互換性エラーが出るので、setupを右クリックしてプロパティの「互換性」タブを開き、互換モードをWindows 7にしておく。これでsetupを実行すればビデオドライバーが問題なくインストールされる。

次に、コピーしておいたSHARPフォルダーのドライバーを入れていく。筆者はブラウザーとOffice程度しか使わないので、ワンセグ等の設定は省いている。

SHARP\DRIVERS\TouchPad\installerのセットアップを実行し、タッチパッドのユーティリティをインストールする。

インストール後、タスクトレイからタッチパッドのアイコンをクリックし、イルミネーションを無効、タップによるクリックを無効にした(好みで設定、筆者はタップによる誤操作が多いのでオフにしている)。

次にタッチスクリーンの設定。SHARP\DRIVERS\TouchScreenのセットアップを実行する。

セットアップ後キャリブレーションが走るので、位置調整を行う。これでタッチのずれが補正される。十字位置をやや強めに長く押すのがコツである。

デバイスマネージャーを開き、「!」がついているデバイスが幾つかある。Marvel 802.11以外のデバイスを右クリックし、ドライバーを更新を選択し、SHARP\DRIVERSフォルダーを指定すれば勝手にドライバーを探しインストールされ、「!」が消える。

無線LANドライバーは特殊な方法でインストールする必要があるので、無線LANパッチの記事を参考にして欲しい。

Willcom D4 SDカード/無線LAN復旧用パッチ

上記パッチにより無線LANとmicro SDカードが動作する様になる。

動作を少しでも軽くするために、システムプロパティのパフォーマンス設定で不要な視覚効果をオフにする。これも好みで設定する。

筆者はSSDを使っているので、書き込みキャッシュもオフにしておいた。

Willcom D4ではストアアプリを使うつもりはない為、Windows 7化を行った。Windows 7化については下記記事を参考にして欲しい。

Windows 7シェル化してデスクトップ専用環境にする

自動ログオンも設定する事で、電源オンからデスクトップ表示まで自動で行われるので、Windows 7ライクな使い方ができる。Google ChromeやOffice 2010をインストールし、快適なマシンに仕上がった。

HDD / Vista搭載時は遅くて使う気にならなかった端末であるが、SSD / Win8インストール後は快適に使えている。キーボードのバックライトも付くので、布団等の暗いところでも使えるのが便利だ。

高速に動作している様子を動画に撮って紹介もしているので、気が向いたら下記記事も見て欲しい。

Willcom D4 SSD/Win8 休止状態からの起動と終了(動画)

Willcom D4にWindows 8インストールを考えている人の参考になれば幸いである。


隠れた迷機もとい名機、Willcom D4にWindows 8をインストール」 に1件のコメント

  1. こーへい より:

    ねふぁさん、いつも参考にさせていただいています。
    私もWillcom D4の愛用者で、Windows 8をインストールして無事使えるようになったのは作っていただいた「Willcom D4 SDカード/無線LAN復旧用パッチ」のお陰です。
    ありがとうございました。
    最近、調子に乗ってWindows 8.1にアップデートしてみたのですが、そうしたら案の定(?)無線LANが作動しません…。
    「伝家の宝刀」である上記パッチでも今回は動作しないようです。
    何かWindows 8.1に関する情報はお持ちでしょうか。
    もしご存じでしたらご教示いただけると助かります。
    どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*