Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Windows 8にデスクトップアプリやストアアプリをインストールしていると、スタート画面にタイルがどんどん増えて行ってしまう。タイルがあまりに増えすぎていちいち消すのが面倒だったり、パネルをいじりすぎて一度出荷時のスタート画面のタイル配列に戻したい!と言う時に使える技を紹介しよう。

まずデスクトップを開き、「Win + X」のショートカットキーでメニューを開く。メニューから「コマンドプロンプト(管理者)」を選択する。もしくは、すべてのアプリの画面でコマンドプロンプトを選択し、アプリバーから「管理者として実行」を選択する。

コマンドプロンプトが開いたら、パスを移動する。

cd %LocalAppData%\Microsoft\Windows

このフォルダにある「appsFolder.itemdata-ms」と「appsFolder.itemdata-ms.bk」がスタート画面のタイルの情報になっているので、この二つのファイルを削除する。

del apps*

ファイル削除後、一度サインアウトする。

再度サインインすると、デフォルトのタイル配置に戻る。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>