Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Windows 8を使用していて変なドライバーやアプリを入れてしまったり、一時的に特殊な操作を行うためにセーフモードで起動する方法を幾つか紹介する。これまでのWindowsであれば起動時にF8を押せば起動メニューが表示されていたが、Windows 8からはなくなっている。

2013/5/23追記:
システム起動せずWindowsセットアップメディアも無い場合、別のDVDが焼けるPCがあれば、体験版のWindowsイメージをDVDに焼くことでレスキューディスクとして使う事が出来ます。ダウンロード先や方法については「無料でWindows 8を体験する-その1 準備編」を参照。

システム起動しなくなる前に、コマンド一つでF8キーによるセーフモード起動を有効にしておきましょう。「転ばぬ先の杖、F8キーによるセーフモード起動を有効にしておく

一時的にセーフモードで起動する

Windows 8が起動するのであれば、簡単に一時的にセーフモード起動を利用する方法がある。サインイン画面もしくはチャームを開いた状態で「電源」をクリックし、「再起動」をクリックするのだが、「再起動」をクリックする際にShiftキーを押したままにしておく。

これだけで、起動オプションの選択画面が表示される。「トラブルシューティング」「詳細オプション」「スタートアップ設定」と辿っていき、最後に「再起動」ボタンをクリックする。

再起動後オプション設定が表示されるので、好みのモードを数字キーもしくはファンクションキーで選択する。

4を押してセーフモードを選択すれば、セーフモードで起動する。

なお、「Win + R」のショートカットキーでファイル名を指定して実行を開き、

shutdown /r /t 0 /o

と入力する事でも同様の結果が得られる。

デスクトップにシャットダウンのショートカットを作成する方法で、セーフモード用ショートカットを作成する事も可能だ。

しばらくセーフモードで起動する

しばらくの間作業中セーフモード起動にしておきたい場合は、「msconfig」で起動オプションを設定してしまう方法がある。

「Win + R」でファイル名を指定して実行を開き、「msconfig」と入力する。

システム構成ウィンドウが開くので、「ブート」タブへ移動する。ここで、「ブートオプション」の「セーフブート」にチェックをつけ、「OK」をクリックする。

再起動するか聞いてくるので、「再起動」をクリックし再起動する。

これで、起動オプションにセーフモードのオプションが設定され以降セーフモードで起動するようになる。

再度通常モードに戻す場合は、同様にmsconfigを実行し、「セーフモード」のチェックを外して「OK」をクリックする。

Windows 8が起動しない場合

起動中にフリーズしてしまったり、ログイン画面前後でフリーズしてしまい上記手段が取れない場合はWindowsの起動メディアを使って外から操作を行う。

Windowsのセットアップ用メディアをセットし、BIOSでDVDから起動する様オプションを設定したら、メディアから起動する。

2013/5/23追記:
Windowsセットアップメディアが無い場合、別のDVDが焼けるPCがあれば、体験版のWindowsイメージをDVDに焼くことでレスキューディスクとして使う事が出来ます。ダウンロード先や方法については「無料でWindows 8を体験する-その1 準備編」を参照。

Windows 8のセットアップ画面で「次へ」をクリックする

左下の「コンピューターを修復する」をクリックする。

オプション選択画面が表示されるので、「トラブルシューティング」「詳細オプション」「コマンド プロンプト」を辿っていく。

コマンドプロンプトが開くので、

bcdedit /v

と入力する。現在設定されている起動OSのリストが表示される。

「description」が「Windows 8」となっているブートローダーを探し、「identifier」の項目の右にあるID番号をコピーする。ID番号のあたりをダブルクリック後右クリックすればコピーされる。

次に、

bcdedit /copy {コピーしたID} /d "Windows 8 SafeMode"

と入力してブート項目のコピーを作成する。Windows 8 SafeModeは任意の名前。

再度bcdedit /vでリスト表示すると、コピー作成したブート項目が最後に出てくるので、今度はこのidentifierのID番号をコピーする。

最後に、

bcdedit /set {コピーしたID} safeboot minimal

と入力する。これで、コピー作成したブート項目にセーフモード起動フラグが設定される。bcdedit /vでリストを見るとオプション設定されているのが分かる。

exitでコマンド プロンプトを抜けるとオプション選択画面に戻るので、「別のオペレーションシステムの使用」を選択する。

作成したセーフモード用ブート項目が表示されるので、クリックする事でセーフモードで起動する。

以降、毎回起動時このオプションが表示されるので、前述のmsconfigを使ってオプションを削除するなりタイムアウトを短くするなり設定する。

なお、コマンド プロンプトはセットアップの初期画面で「Shift + F10」を押しても呼び出すことができる。

起動時のブート項目にセーフモード起動を追加する

前述の「Windows 8が起動しない場合」と同じコマンド プロンプトを使った手順であるが、セットアップメディアを使用せずともデスクトップのコマンド プロンプトから同じ操作を行えばよい。

ただし、管理者権限が必要となるので、「Win + X」のショートカットキーで「コマンド プロンプト(管理者)」を実行するか、すべてのアプリ画面からコマンド プロンプトを管理者として実行する。

IDのコピーは、ウィンドウを右クリックして「範囲選択」クリック後IDをダブルクリック後右クリックし、再度ウィンドウを右クリック後「貼り付け」で貼り付ける。


This post is also available in: 英語

F8キーでは入れない!Windows 8をセーフモードで起動する色々な方法」 に8件のコメント

  1. […] X50ですが、Windows8のセーフモードは起動するだけでも一苦労みたいなので、PCのリフレッシュなる機能を試してみることに。 […]

  2. ねこのけん より:

    スタートアップ設定画面までは出ましたがキーボードリリースされず番号の入力が出来ませんでした。
    PCでは出来ないのでしょうか?

    • ねふぁ より:

      キーボードの入力を受け付けてくれないと言う事でしょうか?
      BIOSの設定かハード的な要因かもしれません。USBキーボードでHUBを介している場合、直接つなぐと動くケースもありますが、PCや周辺機器の組み合わせで色々な事が考えられますので、何とも言えません。

      設定画面に来るまではマウスかキーボードで操作が出来たのであれば、動きそうですが・・・。NumLockがon/offになっているとかはないでしょうか?

  3. mimi より:

    はじめまして。

    コマンドプロンプトが開くので、
    bcdedit /v
    と入力する。
    現在設定されている起動OSのリストが表示される。


    bcdedit /vを入力すると「・・・デバイスが見つかりません。」
    と表示される場合は、どうしたらいいでしょうか??

    こちらのHPを見て修復できたのですが、PCの電源を落として次に稼動した場合、2回に1回はエラーがおきます。

    この場合、HDの修復だけでは難しいでしょうか?

    • ねふぁ より:

      毎かいエラーではなく2回に1回エラーが起こるという事は、HDDが死にかけ(認識したりしなかったりするか、データが読めたり読めなかったりしている)の可能性が高いと思います。PC電源投入直後のロゴ(BIOS)画面でやたら時間がかかったり、「カタン・・・カタン・・・」と言う音がしていればかなりやばい状態です。

      救えるデータは今のうちに外部メディア(USBメモリ等)に移しておき、交換できるのであれば新品のHDDに交換した方が良いです。

  4. mimi より:

    ご回答ありがとうございます!

    win8はアップグレードしたもので先日、adobeをインストールしてからこんな調子になってしまいましたT_T
    異音などは、画面表示が遅いなどはないですが、やはりHDがダメなんですね。。
    あまり使っていなかったので、必要なデータなどはないですが、残念です。。。
    HD探してみます。
    ありがとうございます!

  5. mimi より:

    おはようございます!
    先日、アドバイス頂きHDを1TBに交換した所、ものすごく快適になりました!
    ありがとうございます^0^
    また遊びにこさせて頂きます。
    HPこれからもがんばってください!

    • ねふぁ より:

      HDD交換できたんですね、快適になった様でなによりです。

      過去に何度かいきなりHDDがお亡くなりになった事がありますが、バックアップしていないと頭が真っ白になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*