Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Vaio Type PにWindows 8をインストーする際は自己責任にてお願いします。

※(2012/12/16 バイオ設定でいたわり充電が起動時リセットされてしまっていました。Setting Utility 5.0.0.07300、Control Center 4.4.0.11260の組み合わせでいたわり充電設定再起動後も正常動作している事から、記事中のリンクも更新しています。)

Vaio Type PをVistaからWindows 7にアップグレードして使用していたが、Windows 8 Proにアップグレードした。アップグレード自体は難なく終了。しかし、なぜか重い。使用しているのはVGN-P91SのカスタムモデルでCPUはAtom Z550 2.0GHz、2GBメモリ、64GB SSDとViliv N5やWillcom D4よりも性能が良い筈なのに、とにかく遅い。アプリの起動自体は早いが、描画がカクカクする。

解像度が高い分処理に負荷がかかるのは分かるが、それにしても遅すぎる・・・。と思い、VAIOのプリインストールソフト等片っ端からアンインストールしていったところ、そこそこ速くなった。どうやらプリインストールソフトが動作を重くしている様だ。

と言うわけで、SSDの容量も圧迫してきていたので一度Windows 8をクリーンインストールする事にした。インストールは32bit版のWindows 8 ProのインストールメディアをUSB DVDドライブを接続し起動後、既存のパーティションを削除してインストールすれば難なく終わる。

二つほど不明なデバイスが残るが、ドライバーの更新で自動検索してやれば一つは自動的にドライバーが組み込まれる。WiFiもBluetoothも勝手に認識し動作してくれるし、このままでも大体の機能が問題なく動作する。

大体の機能が動作するが、残りの少しの機能をちゃんと動くところまで持っていくのが厄介な所だ。Vaioにプリインストールされているソフトは多数あるが、とりあえず筆者は以下の機能だけ動けば良かったので、ソフトを組み込み動作させるところまでの方法を紹介しよう。

  • VGAドライバーのインストール
  • スティックポインターのスクロール機能
  • バッテリーのいたわり充電設定
  • Fnキーによる音量/輝度調整

なお、今回以下のサイトの情報を参考にさせていただいた。情報提供に感謝致したい。

昭和少年:vaioノート ホットキーの回復方法
遙かデジタリアヘ:VAIO type PでWindows 8(Consumer Preview)を使う
Pocketables Forum:Win 8 RTM on Vaio P

まず、必要なソフトウェアやドライバーを揃える。WillcomやVilivの時にも苦労したが、動作するドライバーやソフトを探すのが一番苦労するポイントだ。今回筆者が使用したドライバーやソフトウェアは以下の通りである。

・ビデオドライバー
Intel Download Centerより
Intel® Graphics Media Accelerator Driver for Windows 7* 32 (zip)

(2013/3/29追記) UMIPIと小さなガジェットたち。。。で紹介されているビデオドライバーEMGD 3228ドライバーも動作し、調子が良い様です。こちらもWindows 7互換モードでインストールします。

・VAIO Shared Library(Vaio関連機能動作用)
VAIO Windows 7 アップグレードユーティリティーより
Sony Shared Utility Tool (EP0000208275.exe)

以下、ftp://ftp.vaio-link.com/pub/Vaio/ORIGINAL/ からダウンロード

・ポインティングドライバー(スティックポインター用)
POINTING_DRIVER_ALPS_7.5A_7.5.505.309.ZIP

・Setting Utility(各種設定用)(2012/12/16 更新)
SETTING_UTILITY_SERIES_5.0_5.0.0.07300.ZIP

・Vaio Event Service(Fnキー機能用)
VAIO Event Service 5.1 – 5.1.0.11300.ZIP

・VAIO Power Management(電源管理用)
VAIO_POWER_MANAGEMENT_5.0_5.0.0.11300.ZIP

・VAIO Control Center(各種設定用)(2012/12/16 更新)
VAIO_CONTROL_CENTER_4.4.0.11260.EXE

各種ソフトウェアやドライバーは、EXEであればそのまま実行、ZIPであれば解凍後setup.exeを実行後ウィザードに沿って次へをクリックしていくだけであるが、注意点としてはビデオドライバーとPower Managementは互換性設定が必要な事と、Control Centerは最後にインストールする事である。

ビデオドライバーとPower Managementはそのまま実行してもサポート外のエラーが出るので、setup.exeを右クリック後「プロパティ」を開き、「互換性」タブで「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックをつけ、「Windows 7」を選択後OKをクリックする。その後setup.exeを実行する事でインストールが正常に行われる。

すべてのドライバーやソフトウェアのインストールが完了すれば、Vaioの設定でバッテリーその他の設定が行えるし、Fnキーによる音量や輝度調整も出来るようになる。

Type Pは1600×768の解像度があるのでストアアプリも問題無く動作するし、これからも現役で活躍して行けるのではないだろうか。ちなみに、Office 2013をインストールしてみたが、今のところ問題なく動作している。シミュレーターを使用したストアアプリのウィンドウモード実行も可能だが、非力なノートでは動作が少し厳しい。

後、筆者がインストール時誤って英語を選択したのかわからないが、なぜかキーボード配列が英語キーボードで日本語入力ができない状態となっていた。もし同様の症状が発生した場合、日本語入力ができない場合の対処を参考にして欲しい。

(2013/3/29追記) コメントにてtotoさん紹介されているRealtek R2.70サウンドドライバーはRealtekのサイトからダウンロードできます(筆者音はほとんど鳴らさないので未検証)。


This post is also available in: 英語

まだまだ現役、Vaio Type PにWindows 8をクリーンインストール」 に5件のコメント

  1. toto より:

    こんにちわ、私も拝見してWin8にアップしました。
    とても快適ですね、ただ今回のWin8はきりすてがおおすぎますね。。インテルすらビデオドライバー提供しないとか。
    サウンドドライバーですが
    32bit_Vista_Win7_Win8_R270リアルテックから提供があります。
    これを使うと、ノイズキャンセルもつかえるようになりますよー

  2. […] ●Windows7→Windows8化 VAIO TypePのWin8化の紹介で有名な「Windows8Room」様の作業内容にそってWin8化と各VAIOドライバのインストールを実施してメトロタイルより不要なもののピン外し。 […]

  3. kagemusha より:

    有り難うございます。この設定でインストールしてみます。

  4. […] OS標準ドライバだけでも通常用途には全く困りませんが、どうせならばと先駆者の方のページを参考に、 […]

  5. にゃっち より:

    このサイトで学んだ方法でWindows8.1updateとし、
    その後、32ビット版のwindows10を導入しました。
    今のところ、Windows10が問題なく動いています。
    まだまだTypeP使えますね。Atomだけど、ネット
    ブックとしての用途であれば、それほど問題ないかなと
    感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*