Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

現在Windowsを使っているPCで環境を引き継いだままWindows 8にアップグレードする場合、色々と注意しておく必要がある。まず、自分のPCがWindows 8で動作するのか。少し前の世代の非力なノートでもそこそこ動作するWindows 8であるが、Windows 8にアップグレードする際に苦労するのがドライバーの準備だ。

とりあえず、まず最初にやる事はアップグレードアシスタントを実行してみる事である。

マイクロソフト アップグレードアシスタント

本ツールを実行すると現在使用している環境を診断し、Windows 8へのアップグレード可否と、持ち越せないソフトがある場合その情報が表示される。

ただし、本ツールを実行してエラーが出なかったとしても、アップグレードが完了しなかったり、Windows 8移行後に動作しないデバイスやアプリが出てくる可能性は大いにある。Windows 8でどの程度現在使用しているハードやソフトが動くかは、先人の事例を探すか、やってみるまでわからないのが現状だ。しかも、一度アップグレードした場合は元に戻すこともできない(非公式に戻す方法はあるが、完全ではない)。

筆者はViliv N5、Willcom D4、Vaio Type PをWindows 7の状態からアップグレードインストールをしてみたが、アップグレードがそこそこ上手く行ったのはVaio Type Pだけであった。Viliv N5とWillcom D4はおそらく無線LANのドライバーのせいと思うが、セットアップ途中でフリーズしてしまい最後までセットアップ完了する事が出来ず、結局クリーンインストールする事となった。Vaio Type Pもアップグレードは完了したものの、表示にノイズが入る等Windows 8で動作するドライバーを探し入れ直す必要があった。

メーカー製のPCを使用しているのであれば、メーカーが公開しているWindows 8対応状況を確認し、自分のPCがWindows 8に対応しているか確認してみよう。USBデバイス等の周辺機器もメーカーのサイトで確認しておく必要がある。

マクロソフトの各メーカーへの情報リンク集

各社製品のWindows 8対応情報 – ハードウェア

ハードウェア面での確認が出来たら、ソフトウェア面での確認を行う。自分が使っているOSにより、アップグレードによって引き継げる項目が異なる。現在使用中のOSはマイコンピューターを右クリックして「プロパティ」を開く事で確認出来る。以下は現在の環境からWindows 8にアップグレードする際に選択できる引き継ぎ項目である。

現在の環境:Windows 7 Starter、Home Basic、Home Premium

  • Windows の設定、個人用ファイル、およびアプリを引き継ぐ
  • 個人用ファイルのみを引き継ぐ
  • 何も引き継がない

現在の環境:Windows 7 Professional、Ultimate

<アップグレード先 : Windows 8 Pro>

  • Windows の設定、個人用ファイル、およびアプリを引き継ぐ
  • 個人用ファイルのみを引き継ぐ
  • 何も引き継がない

<アップグレード先 : Windows 8 >

  • Windows の設定と個人用ファイルを引き継ぐ
  • 個人用ファイルのみを引き継ぐ
  • 何も引き継がない

現在の環境:Windows Vista SP1 以降

  • Windows の設定と個人用ファイルを引き継ぐ
  • 個人用ファイルのみを引き継ぐ
  • 何も引き継がない

現在の環境:Windows XP SP3 以降 / Windows Vista SP 未適用

  • 個人用ファイルのみを引き継ぐ
  • 何も引き継がない

(引用元:Microsoft Community

Windows 7以外の環境の場合、アプリケーションを引き継ぐ事は出来ない為、Windows 8移行後に使用しているアプリケーションをインストール/設定し直す必要がある。XPからVista、7を経由して8へアップグレードする事で7以外の環境を引き継げる可能性はあるが、途中でアップグレード失敗したり、アップグレード成功してもドライバーやアプリケーションが正常動作しない可能性も高い為費用や労力面でお勧めは出来ない。

とりあえず参考として各バージョン間のアップグレード情報のリンクをはっておく。

Windows XP から Windows Vista にアップグレードする

Windows 7 アップグレード徹底ガイド
Windows 7 のアップグレード版とアップグレードインストール

XPからのアップグレードであってもWindows転送ツールを使う事でファイルやアカウント情報等の設定も移行する事が可能である。Windows 7からの移行であればアップグレードインストールでもかまわないと思うが、筆者がお勧めするWindows 8移行手段は以下である。筆者はメインPCではマルチブート方式を取っている。

少し技術とPC性能が必要になるが、

  • 現在の環境を仮想PC化し、従来環境はWindows 8上の仮想PC内で動かす。

事も一つの選択肢だ。逆に、評価や開発環境を構築する為にWindows 8環境を準備したいのであれば、Windows 8の環境を仮想PC内で構築し、Windows 8を仮想環境で使うのも一つの手である。

ソフトウェアメーカーもWindows 8対応について情報を公開している所もあるので、確認しておこう。

各社製品のWindows 8対応情報 – ソフトウェア

どの様なケースでも、事前に現環境のファイルのバックアップは取っておこう。市販のバックアップソフトや、Windows転送ツールを使い外部メディアにデータを退避しておこう(転送ツールは設定とファイルのみのバックアップでアプリのバックアップはできないが、アカウント情報とファイルは32bit環境から64bit環境(逆は不可)や異なるOSの環境に復元/複製する事が出来る)。

Windows転送ツールの使い方については下記記事に紹介されているので参考にして欲しい。Windows 8のインストールメディアに support\migwiz\Migsetup.exe が入っているので、現行環境で実行しデータを退避後、Windows 8で退避したデータを戻す形になる。

Windows 8のWindows転送ツールを使ってWindows XPのデーターや設定を移行する

実際のアップグレード手順であるが、アップグレードはユーザーの環境により様々なケースが存在するので、ここでは一番分かり易いWindows 7からのアップグレード手順について簡単に説明しておく。

OSのアップグレード自体の手順は簡単である。Windows 8セットアップメディアを実行すると、更新プログラムの確認画面が表示される。これはWindows 8の更新プログラムの確認でありインストール中の不具合も対策されている可能性があるので、出来るだけ確認する設定にしておこう。

Windows 8 Upgrade

更新プログラムをインストールするを選択した場合、ここで更新プログラムのチェックが走る。

Windows 8 Upgrade

プロダクトキーの入力画面が表示されるので、プロダクトキーを入力する。

Windows 8 Upgrade

ライセンス条項が表示されるので、内容確認後「同意します」にチェックをつけ「同意する」ボタンをクリックする。

Windows 8 Upgrade

引き継ぐ項目を選択する画面が表示されるので、何を引き継ぐか/引き継がないか選択する。Windows 7からのアップグレードする場合でも、環境によっては引き継ぐ項目が選択肢として表示されないケースもあるらしい。個人ファイルのみを引き継ぐ場合、アカウントおよびマイドキュメント等のファイルが引き継がれる。

Windows 8 Upgrade

「次へ」をクリックするとインストールの準備が始まり、引き継ぎを選択している場合環境のチェックが行われる。

Windows 8 Upgrade

Windows 8へ引き継げないドライバーやアプリケーションが存在する場合、下記画面が表示される。

Windows 8 Upgrade

例として、Microsoft Security Essentialsは引き継げない為、アンインストールしない限り先へは進めない。なお、Microsoft Security EssentialsはWindows 8では標準機能として組み込まれている。

アンインストール後「情報の更新」をクリックすると再起動する様表示されるので、「再起動」をクリックして再起動する。

Windows 8 Upgrade

再起動後セットアップが続行するので、「中断したところから続行する」を選択し「次へ」をクリックする。

Windows 8 Upgrade

インストールの準備が出来たら、「インストール」をクリックする。

Windows 8 Upgrade

後は自動的にWindows 8へのアップグレードが行われる。インストール途中で何らかのエラーが発生した場合は元の環境が復元される。

Windows 8 Upgrade

Windows 8 Upgrade Booting

インストールが成功したら、パーソナル設定画面が表示される。これらの設定は後から変更可能なので、とりあえずデフォルト設定で問題無い。手動設定を選択した場合の項目については新規インストール手順に記載している。

Windows 8 Upgrade

Windows 8 Upgrade Config

パスワードを設定している場合PCへのサインイン画面が表示されるので、パスワードを入力する。

Windows 8 Upgrade Sign in

入力後、ネットワークに接続されていればマイクロソフトアカウントを使ったPCへのサインイン画面が表示される。マイクロソフトのアカウントを持っていればここで入力するか、「メールアドレスを新規登録」をクリックして作成する事が出来る。ここでマイクロソフトのアカウントを入力/作成すると、ユーザー管理がマイクロソフトアカウント管理となる。こちらも後からマイクロソフトアカウントを使うか、ローカルアカウントを使うか切り替えが可能なためとりあえずスキップしておいても良い。

新規にアカウントを登録する場合の手順は新規インストール手順を参考にして欲しい。新規にhotmailかliveのメールアドレスを作成する事になるが、無償で作成する事が出来る。

Windows 8 Upgrade Sign-in

既存のアカウントを入力した場合はパスワード入力画面後セキュリティ情報画面となる。

Windows 8 Upgrade Microsoft Account

Windows 8 Upgrade Microsoft Account

後はもう少し待つだけでアップグレードは終わりである。

Windows 8 Upgrade Finishing

Windows 8 Installed

アップグレード後は古いWindows環境がWindows.oldフォルダーにバックアップされている。ファイルサイズがかなり大きいので、Windows 8をある程度使い古い環境のファイルは不要と判断した場合は、削除しても構わない。単純なフォルダー削除では消すことはできないので、削除方法については別記事にて記載する。

ファイルを引き継がないアップグレードを選択した場合も、古い環境のファイルはWindows.oldフォルダーに残っているので、「コピーしておくのを忘れていた」と思った場合ここから取得する事が出来る。

Windows.old フォルダーからファイルを取得する方法

アップグレード後は実際にWindows 8を使ってみて、動かないソフトやハードウェアが無いか確認して行こう。

万が一、どうしても古い環境に戻す必要が出てきたがリカバリーディスクが無い、リカバリーディスクはあるが初期化はしたくない、と言うケースが出てきた場合は、非公式でありどの程度まで復元できるかは分からないが、Windows 8をアップグレードインストールした後旧環境に戻す裏技を紹介しておこう。なお、この技を使うには条件があるので、紹介記事を確認しておいて欲しい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*