Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

MSDN等からWindows 8 Enterpriseを入手しインストールした場合、インストール中プロダクトキーを入力する事無くセットアップが終わり、非認証の状態となる。右下にビルド番号が表示されていたり、システム情報でライセンス認証が「使用不可」「認証されていません」と表示された状態となる。

Windows 8 Enterprise activation 1

Enterprise版はデフォルトでKMSによる認証になっているため、MSDNで取得するプロダクトキーによるMAK認証にするには、コマンドを一つ実行してやる必要がある。

MAK認証に切り替えるにはGUIとコマンドプロンプト2種類の方式があり、いずれでも切り替えられる。

GUIで切り替える場合は、「Win + R」でファイル名を指定して実行を開き、

slui 3

を入力する。

Windows 8 Enterprise activation 2

プロダクトキー入力画面が表示されるので、MAKのプロダクトキーを入力しそのまま進めば認証が完了する。

Windows 8 Enterprise activation 3

Windows 8 Enterprise activation 4

Windows 8 Enterprise activation 5

完了直後は認証されていない表示のままでデスクトップ右下にビルド番号も残ったままになっているが、一度サインアウトしサインインすれば認証済み表示になる。

Windows 8 Enterprise activation 6

Windows 8 Enterprise activation 7

コマンドプロンプトから実行する場合、「Win + X」でメニューを開き、「コマンドプロンプト(管理者)」を起動する。

Windows 8 Enterprise activation 8

コマンドプロンプトで

slmgr -ipk xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx

と入力(xxxxxはプロダクトキー)するだけで認証が完了する。

Windows 8 Enterprise activation 9

Windows 8 Enterprise activation 10


This post is also available in: 英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*