Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Windows 7からデフォルトで有効となっているウィンドウのAeroスナップ機能と言うのがある。

これは、デスクトップでウィンドウを右端や左端、上部にドラッグすると自動的にウィンドウを端や画面一杯に合わせてリサイズし、再度動かすと元のサイズに戻してくれる機能である。

画面端で自動リサイズ

慣れれば便利な機能であるが、意図せずウィンドウサイズが変えられてしまう事もある。筆者は作業中複数ウィンドウを開き、一時的に端に寄せておく操作を良くするのだが、その際勝手に画面一杯に広げてくれるのでありがた迷惑な機能である。

このスナップ機能をオフにするには、「Win + X」でメニューを開き、コントロールパネルを選択する(もしくは設定チャームからコントロールパネルを開く)

コントロールパネルを開く

コントロールパネルが開いたら、「コンピューターの簡単操作」をクリックする。

コントロールパネル

「コンピューターの簡単操作センター」にある、「マウスの動作の変更」をクリックする。

マウスの動作の変更

「ウィンドウの管理を簡単にします」の所に「ウィンドウが画面の端n移動されたとき自動的に整列されないようにします」のチェックをつけ、「OK」ボタンをクリックする。

自動整列を禁止する

これでウィンドウを画面端に移動しても勝手にリサイズしなくなる。


This post is also available in: 英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*