Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Windows 8のデスクトップに従来のウィンドウズのスタートメニューを復活させたり疑似スタートメニューを追加するソフトが多数存在するが、サードパーティ製ソフトを使わずに簡易的にプログラムメニューをタスクバーに追加する方法を紹介する。簡単に追加でき簡単に削除出来るので、共用PCや他人のPCで一時的に作業する際に便利な技である。

最初に、隠しファイルを表示する様設定する。エクスプローラーのファイルのオプションを開く。

オプション設定

「表示」タブの「詳細設定」にある「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択し、「OK」をクリックする。

オプション設定

タスクバーを右クリックし、「ツールバー」から「新規ツールバー」をクリックする。

ツールバー作成

フォルダーの選択画面が開くので、

c:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu

を開き、「フォルダーの選択」ボタンをクリックする。順にフォルダーを開いた場合、Usersはユーザー、Start Menuはスタート メニューと日本語で表示される。

フォルダー指定

これでタスクバーに簡易スタートメニュー(プログラムメニュー)が表示され、アプリケーションへのアクセスが容易になる。消したくなったら、タスクバーを右クリックしツールバーからスタート メニューを外せばよい。

簡易メニュー


This post is also available in: 英語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*