Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Windows 8のスタート画面には時計表示が無く、時計や電池残量、WiFi状態を知るためにはいちいちチャームを開く必要がある。時計をスタート画面に表示させるライブタイル対応時計ストアアプリは多数あるが、見た目をカスタマイズでき、複数のタイル及びタイムゾーン設定にも対応したDigital Live Tile Clockを紹介しよう。

digital live tile clock

open store ストアを開く

ダウンロードしてインストール後、タイルをクリックして開くと設定画面が表示される。

digital live tile clock setting

配色、12/24時間表示、フォント、枠、グラス効果等の設定が行える。設定が出来たら「Generate Tiles」をクリックするとデータが生成される(おそらく文字盤の画像を作っているのだろう)

digital live tile clock font

digital live tile clock creating

しばらく待つと「Set Live Tile」のボタンが表示されるので、クリックするとスタート画面の時計が動き出す。

digital live tile clock apply

さて、複数タイルのはり方だが、右クリックもしくは画面下からスワイプしてアプリバーを表示させる。

digital live tile clock secondary

「Pin to Start screen」をクリックすると、タイムゾーン名のテキスト色とタイムゾーンの設定が表示されるので選択しOKをクリックする。

digital live tile clock time zone

タイルに表示させるテキストを編集後、「スタート画面にピン留めする」をクリックする。

digital live tile clock apply live

これを欲しい分だけ繰り返す。

これでスタート画面に時計が表示される様になる。タイルのサイズはタイルを右クリックしてアプリバーから「小さくする」を選択。

digital live tile clock live


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*