Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

下記記事で紹介しているが、Windows 8では従来F8キーで簡単に入れたセーフモードが、入り辛くなっている。

F8キーでは入れない!Windows 8をセーフモードで起動する色々な方法

セーフモードは通常システムに何かあった時に利用するので、システムが起動しなくなってセーフモードに入ろうとしたがF8キーでは入れないしそもそもシステム起動しないから起動後切り替える手段も取れないし起動メディアも手元にないし・・・と慌てる事が多いのではないだろうか。

今回紹介する技もシステムが起動しなくなってからでは使えないが、なにかあった時のためにF8キーでセーフモードに入れるように設定しておく転ばぬ先の杖技である。

たった一つコマンドを実行しておくだけでF8キーによるセーフモード起動が出来るようになるので、なにかあった時のためにやっておいて損はないだろう。マルチブート環境でなければ見た目も変わらない。

方法は「マルチブート環境で旧デザインのブートメニューに切り替える」と同じである。メニュー方式を旧型に設定しておくだけで、F8キーによるセーフモードが有効になる恩恵が受けられる。

「Win + X」のメニューから「コマンド プロンプト(管理者)」を起動する。

command prompt

起動後、

bcdedit

を実行すると現在のブート設定が表示される。ここで、「bootmenupolicy」がStandardになってれば、新型のブートメニューになっている。

bcdedit list

魔法のキーワードを入力する。

bcdedit /set bootmenupolicy legacy

bcdedit legacy

これで設定は完了である。次回より、システム起動時BIOSのロゴが表示され、Windowsの青旗が表示される前あたりからF8キーを連打する事でセーフモードに入れるようになる。

safemode

戻したい場合は

bcdedit /set bootmenupolicy standard

で元に戻る。

set back standard


転ばぬ先の杖、F8キーによるセーフモード起動を有効にしておく」 に2件のコメント

  1. 近藤 美子 より:

    下記内容について、Windows8.1でも同じ事が出来ますでしょうか。
    転ばぬ先の杖、F8キーによるセーフモード起動を有効にしておく

  2. ・愠?テ・ッ・ケ ・チ・ァ・?`・ヒ ルIネ。 up

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*