Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

外でテザリングやモバイルアクセスポイントを使ってデータ通信をする事が多いが、最近はモバイル通信でも定額制が普及したとはいえ、一定量を超えると制限がかかる場合も多い。Windows 8の場合Windows Update等でバックグラウンドで大量のデータをダウンロードする事もある。

Windows 8では、簡単にデータ使用量を確認したり、無線通信設定毎に通信量を減らす事が出来る。

設定チャームから無線接続のアイコンをタップする。

setting charm

接続を右クリックすると、メニューが表示される。

wifi menu

「概算データ使用量を表示する」を選択すると、以降この接続をタップするとデータ通信量が表示される様になる。

network transfer size

「従量制課金接続として設定する」を選択すると、設定した回線使用時には以下の通信が抑止され、通信量を抑える動作となる。

  • Windows Updateで優先度の高い更新プログラムだけをダウンロード
  • Windows ストアからのアプリダウンロード一時停止
  • スタート画面のタイル更新停止
  • オフライン ファイルの自動同期停止

詳細は下記マイクロソフトのホームページに記載されている。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/metered-internet-connections-frequently-asked-questions

データ使用量の表示や従量制課金をやめる場合、再度メニューから変更すれば良い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*