Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

先日Windows 8.1 Preview版が公開されたので早速インストール、触ってみている。標準のアプリも追加されており、アラームアプリも追加されたアプリの一つだ。

8.1 alarm app

アラーム、タイマー、ストップウォッチの機能がついているが、アラーム画面の右上にあるアイコンが気になった。

save icon

気になったのは中央の保存アイコンである。これを見て何の疑いもなしに「保存」を連想する人が殆どだと思うが、これはそもそも何を表しているかというと、当然フロッピーディスクである。

floppydisk

フロッピーディスク=記憶媒体=保存 と連想するため、保存のアイコンとして長年フロッピーディスクが使われ続けていたが、最近はフロッピーディスクが搭載されているパソコンは珍しいし、フロッピーディスクを現役で使っている所も大分減ってきているだろう。若い世代であれば、知ってはいるものの使った事や実物を見た事すらない人が多いかもしれない。

今でもフロッピーディスクは購入できるが、1.44MB 10枚入りで980円として、1MBあたり約68円、4GBのSDカードだと安いもので500円ぐらいとして、1MBあたり0.13円なので
フロッピーディスクはMB単価だとSDカードの523倍もする。しかも磁気や湿気にも弱く速度も遅い。なかなか扱い辛い高級媒体である。

つまり、そろそろフロッピーディスクが保存を象徴するアイコンとして使われているのは終わりにした方が良いのではないかと思う訳である。
ちなみにアラームアプリだけでなく、ワードパッドやペイントブラシも保存のアイコンもフロッピーディスクになっている。
まぁ、ワードパッドやペイントブラシは初代ウィンドウからあるソフトなので許すとしても、最新のストアアプリもこのアイコンを使っているのは如何なものかと思う。

筆者はソフトウェアの開発も行っているが、数年前同僚に「フロッピーディスクを保存アイコンとして使うのはどうなの?」と言われ、それまで当たり前と思っていた事が当たり前でなくなっている事に気付かされ、以来保存アイコンにフロッピーを使う事はやめている。

下記記事では最近の保存アイコンの動向も纏められておりなかなか興味深い。

http://memo.goodpatch.co/2013/04/about-save-icon/
保存アイコン=フロッピーディスクの時代は終わった…?

製品版までにアイコンが変わるかもしれないが、Windows 8.1のストアアプリ開発もきっと一人の中年のおっさんがやっているんだろうなと思ったアプリの片隅の光景である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*