Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

スクリプトやソースコードを閲覧したり編集したりする事が多い場合、通常のWindowsであれば普段使っている好みのテキストエディターがあると思うが、Windows RTではデスクトップアプリが利用できないため不便である。

Windows RTでもコードを見たり書いたりしたい!と言う場合にお勧めなのがCode Writerだ。

Code Writer

open store ストアを開く

既存のファイルを開く事も出来るし、新規に作成する事も出来る。主要な種類のファイルタイプが多数サポートされている。

編集画面

新規・開く

複数のファイルを開いて切り替える事も出来る。

ファイル切り替え

行数表示や色分け、タブや空白の可視化、改行コードの選択や文字コードの選択等、ソースコードの編集に必要な基本機能がしっかり押さえられている。

設定

詳細設定

外出先でもこれさえあれば、Windows RT端末でも簡単なソースコードの確認は十分こなせそうである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*