Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

未だにコマンドプロンプトでTelnetが使いたくなる時がある。Telnetは最近SSH接続なのでTera Termを使う事がほとんどだが、ローカルで作業をしたり、ポートの確認を行う際にコマンドプロンプトからTelnetが使えると便利な時がある。

Windows VistaからTelnetのクライアントはセキュリティ面から標準ではインストールされなくなったが、簡単にインストールし使える様に出来る。

Win + Xのショートカットキーでメニューを開き、「プログラムと機能」をクリックする。

power menu

ウィンドウ左にある「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックする。

program components

「Telnetクライアント」にチェックを付け、OKを押す。Telnetクライアントのインストールが始まる。

telnet client

インストール完了後、コマンドプロンプトからTelnetが使える様になる。

telnet in command prompt


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*