Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

筆者の別サイトでGalaxy Note用Bamboo Stylus Feelを紹介しており、先日本サイトで各種スタイラスの比較を行ったが、Galaxy Note用Bamboo Stylus Feelと通常版や高級版であるCarbonバージョンは何が違うのだろうか?

Carbon版を入手したので比較してみた。

まず、入れ物が違う。少し高級感がある箱に入っている。

IMGP1405

IMGP1407

Carbon版にはペン先としてソフトとハードそれぞれ2本が同梱されている。

IMGP1409

柄はカーボンファイバーのデザインになっており、Bodyguardzの保護シートとマッチする。

IMGP1410

Galaxy Note (Samsung)版と比較すると、重さ、長さ、径がCarbon版の方が大きく/重くなっている。

IMGP1412

本体、キャップともに長さが異なる。

IMGP1413

IMGP1414

見た目とサイズが異なる事以外はほぼ同じ。サイドスイッチ一つ、消しゴム無し。

ペン先もサイズが異なり、Galaxy Note版の方が短くなっている。

IMGP1415

IMGP1416

このため、逆に挿すとGalaxy Note版はペン先が飛び出し、Carbon版は引っ込みすぎてしまう。ペン先が抜けなくなるので注意しよう。

ペン先の太さはintuos系より細いので、intuos系のペン先は使えない。

IMGP1417

参考になるか分からないが、キャップを付けた状態と外した状態での重心の位置。

IMGP1418

IMGP1419

さて、書き味であるが・・・ 筆者は違いは良く分からない。重さは18gと28gと全く違い径のサイズ、長さも違うため、Carbonの方が安定はする。重みのあるペンの方が好みであれば、他のWacom系スタイラスには無い重量感があるため、気に入ると思う。

ペンの認識位置はGalaxy Note版同様FujitsuやLenovo版と1mm程のズレがある。Surface Proを使っている場合、Surface Pro付属のペンの位置とも1mmずれるため、併用は難しい。

Bamboo Stylus Feel Carbonの利点としては、良いデザインと重厚感である。筆者的には消しゴムが無い、径が太いためヒューマニストのペン立てにささらない点がデメリットとして大きい。このデザインと重みとクリップをFujitsuのデジタイザに取り入れたバージョンがあれば筆者としては最高のスタイラスになるのだが。

Wacom Bamboo Stylus feel carbon CS400UK
Wacom Bamboo Stylus feel carbon CS400UK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*