Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

先日Fujitsuのデジタイザペンに鉄製のクリップを付けた所電波を遮断してしまい消しゴムの動作に影響してしまった。

リベンジすべく、文具屋で使えそうなペンを探してきた。

選んだのはUniのPowerTank 0.7mm。こいつのクリップ部を移植する。

IMGP1490

後ろの部分を回すとクリップとノック部分が外れる。

IMGP1491

さらにクリップ部を外すが、透明パーツがなかなか外れなかったのでノコで切断し分解した。

IMGP1492

クリップ側面にPower Tankの文字が書かれているが、Amorで研磨した所簡単に落ちた。アルコールでも落ちるかもしれない。

IMGP1493

両端をカッターで切り込みを入れ折ってクリップの部分のみにする。

IMGP1494

内側に段差もあるので、Fujitsuのスタイラスに紙やすりをあてて内側がぴったり合うようにやすりをかける。

IMGP1496

これでペンとクリップが綺麗に合うようになった。

IMGP1498

クリップの出っ張りが高すぎるので、こちらもやすりで削って高さを調整した。

IMGP1499

IMGP1500

後はクリップを付けるだけだが、接着力が弱いとクリップを持ち上げた時に剥がれてしまう。ここで登場するのがアクリサンデーである。

IMGP1501

説明しよう!アクリサンデーとは、それ自身が接着するのではなく溶剤でお互いの樹脂を溶かしてくっつけるタイプの接着剤である。このため、溶かして付けるので強度が必要なアクリル系樹脂の接着には最適なのである。

が、さらさらの液体なので取扱いは難しい。ちょっとこぼしただけで液体が付いた部分がどんどん溶けていってしまう。インジェクターを使って接着面に注入するが、手元が狂うと溶剤が溢れてしまう。

IMGP1502

溶剤に慣れない筆者はちょっと周辺を溶かしてしまったが・・・なんとかクリップを付ける事が出来た。

IMGP1503

ペンとして持っても邪魔にならないし

IMGP1504

今度は樹脂なので消しゴムも問題無く動作する。今度こそ完璧である(少し溶かしてしまった事以外は)

IMGP1505

おまけ。

100円ショップのSerieに寄った際、面白い商品を見つけた。

IMGP1489

幅広のシャープペンシルで、マークシートが塗り易いという代物。平べったい芯が付いている。

このシャープペンシルがあれば、マークシート式の試験では少しでも時間が節約できるのではないだろうか。デッサン用としても面白そうである。

スタイラスペン デジタイザペン Fujitsu
スタイラスペン デジタイザペン Fujitsu

三菱鉛筆 パワータンク スタンダードノック式 0.7mm SN-200PT-07 青
三菱鉛筆 パワータンク スタンダードノック式 0.7mm SN-200PT-07 青

アクリサンデー アクリル専用接着剤
アクリサンデー アクリル専用接着剤

インジェクター 1・2.5・5ml 3個セット (TM-20)
インジェクター 1・2.5・5ml 3個セット (TM-20)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*