Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

Surfaceにはタッチパネル、ペン、Type Coverのタッチパッドと複数のポインター系入力手段があるが、普段のデスク作業ではマウスの操作性が一番だ。

デスクトップではLogicoolのMX Revolutionをもう7年以上バッテリーやスイッチを自分で修理交換しつつ使い続けており、モバイルではLogicoolのm550bと言うBluetoothマウスを4年以上愛用している。

Logicoolのm550bはコンパクトさ、デザイン、チルトにも対応したホイール、押下する度にホイールのスピンロックが切り替わり高速にページスクロールが出来る、機能が割り当てられるボタンが一つあるなど現在でも非常に気に入っている製品であるが、Surface Pro2で使用しているとネットワーク通信が多くなる際にマウスが非常にカクカクしたり遅延して動く症状が発生した。

IMGP1579

このマウスの遅延の症状は多くのBluetoothマウスで発生しているらしい。無線LANの電波と干渉している事が原因の様だ。

http://answers.microsoft.com/en-us/surface/forum/surfpro2-surfupdate/surface-pro-2-bluetooth-mouse-lag/531b649d-6aa1-4d34-86ff-253f6d110958

マウスのみならず、キーボードでも発生しているらしく現在もスレッドが続いているが・・・。まだ明確な原因も対策もなさそうである。

現状m550bのマウス遅延が酷すぎてストレスになるので、代替となる良さそうなマウスが無いか物色してみた。USBポートはつぶしたくないので、Bluetooth接続で小型で面白そうなものを幾つか探してみた。Bluetoothであれば当然同様の干渉問題が発生する可能性があるが、その場合は他のマシンで使えば良いし、m550bよりはましになるかもしれない。

候補としたのが以下の3つ。筆者はPCゲームはしないので、デザイン、コンパクトさ、機能(珍しさ)で選択している。

Ultrathin Touch Mouse T630
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/ultrathin-touch-mouse-t630?crid=7

Wedge Touch Mouse
http://www.microsoft.com/hardware/ja-jp/p/wedge-touch-mouse

Arc Touch Mouse Surface edition
http://microsoft.jp.msn.com/surface/product/arc-touch-mouse-surface-edition

いずれも面白そうなマウスであるが、有線マウスならば数百円、無線マウスでも千円ちょっとで買えてしまう中、6~7000円もする。かなり高い。しかし、キーボードと並んでマウスはPC作業に直接影響する重要なデバイスであり、良い物であれば何年も愛用出来るものである。それに筆者は珍しくて面白い物が好きである。

LogicoolのT630は様々なジェスチャー機能がありWindows 8と合わせて使うには便利そうだし、デザインもフラットでなかなかよさそうであったが、m550bと同じLogicool製だと同じ遅延が出てしまう可能性が高いのでやめた。

Wedge Touch MouseとArc Touch Mouseで悩んだが、最終的にArc Touch Mouseにした。ヨドバシで6,980円。高い。一番利用するのはAmazonだが、最近はヨドバシも夜中注文で翌日届けてくれるので良く利用している。

IMGP1580

箱を開けるとマウスが曲がった状態で入っている。

IMGP1581

Surface Editionは全体的にマットな黒でタッチ部分も黒になっている。手前に「Surface」の文字も入っている。

IMGP1584

裏返すとなんだか三葉虫やカブトガニを連想させる。

IMGP1582

サイズ的にはm550bより奥行きがある。

IMGP1585

パーム部分を伸ばすと平らになる。薄い。

IMGP1586

IMGP1587

このマウスの名称になっているArc(弧)となるパーム部分だが、購入前からどのような感じで弧と平の状態になるのか不思議に思っていたが、実際に触ってみても不思議である。平たい状態から曲げていくとなだらかに弧を描いていく。

IMGP1588

IMGP1589

IMGP1590

平らな状態と曲げた状態ではロックがかかり、移行する際にはパキッという感覚がある。

下記サイトに分解画像や解説があるが、見ても機構が理解できない。予想以上に高度な事をやっている様だ。

http://blog.gadgettown.com/2011/01/27/microsoft-arc-touch-mouse-disassembly/
http://www.carbondesign.com/projects/microsoft-arc-touch-mouse

強度も気になるが、PC Watchの記事によると、4万回のテストにもパスしているらしい。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20101222_416185.html

このパームの折り曲げ部分は何度触っても不思議で面白い。内部的な折り曲げ強度は4万回に耐えるかもしれないが、外皮のゴムカバーがそれより前に破けてしまいそうな気がする。電源スイッチも兼ねているので、スイッチが壊れても困るので曲げて遊びたくなる中毒性があるが抑えておこう。

電池は単4二本で動作する。

IMGP1591

このマウス、薄さもそうだが軽さにも驚かされる。最初箱から取り出した際、その軽さに驚いた。バッテリーを入れた状態でも小指に爪で引っかけて持ち上げられ、エアコンの風でゆらゆら揺れるくらいである。

IMGP1592

使い勝手だが、軽くて薄いが大きさはあり弧が手にフィットするので使いやすい。ただ、テーブルとの接点が先端と後端のみなため、ビニール製のテーブルクロスの上だと少しひっかかってしまう事がある。面でなく先端後端の線が接地面との接点なので、
段差には弱い。こたつの上では快適に操作できる。この記事もSurface Pro 2とType Cover 2、Arc touch mouseの組み合わせで書いており、慣れてない事による誤操作はたまにあるがほぼ問題無く作業出来ている。

マウスカーソルの移動もスムーズで問題なし。左右クリックも物理スイッチなため、確実に押下出来問題ない。

中央のタッチストリップと呼ばれる部分だが、これがまた面白い。指をタッチしてスライドすると振動し、普通のマウスのホイールの様にラッチがある様な感覚がある。そして、素早くはじくとしばらくホイールが回転を続けているようにぶぶぶぶぶぶぶ・・・と振動を続ける。この時ページスクロールも続き、指で再度タッチすればピタッと止まる。Logicoolのフリースピンの様な感じで、Webページの高速移動が出来る。

IMGP1594

残念な点もあり、タッチストリップと左右ボタンは物理的に分かれているが、慣れるまではタッチストリップの位置が指先で分からず、スクロール操作や高速スクロール操作が上手くできなかった。慣れてくれば問題ない。タッチストリップの上端と下端のタップでページ移動が出来るが、物理的に上端は指が届きにくい。左右にスクロールするチルト機能はない。

また、タッチストリップの中央をダブルタップする事でミドルボタン(機能は割り当て可能)の操作になるが、反応が良すぎて意図せずミドルボタンの操作になってしまう事が多々あった。

ミドルボタンの操作をしてしまうと操作モードが変わってしまい鬱陶しいので、カスタマイズするソフトを探したが最初なかなか見つけられなかった。Intellipointの最新版(恐らく8.2)をインストールしてみたが、公開が2011年であるため
Arc touch mouseを認識しない。調べてみると、下記サイトからマウス キーボード センターを入れる必要があった。

http://www.microsoft.com/hardware/ja-jp/downloads/mouse-keyboard-center

arctouchmouse (1)

インストールするとArc touch mouseを認識し、カスタマイズ画面が表示された。

arctouchmouse (2)

中央ボタンの機能変更(筆者は禁止にした)や、タッチストリップの振動の強弱設定等も設定できる。

arctouchmouse (3)

arctouchmouse (4)

肝心の無線LANとの干渉だが、現在の所ネットワークに負荷をかけても遅延は発生せず快適に使えている。電波のチャンネル等の環境にも依存すると思うので、筆者の環境ではArc touch mouseが快適に動作しているが他の環境では干渉があるかもしれない。

総合すると、デザインは好みだしタッチストリップの機能とパーム部分の弧の変形は良くできており、これだけでも7千円分の価値があると感じた。接地面が面でないので使う場所を選ぶが、マウスとしての基本的な操作性は問題なく持ち運びもしやすいので長く愛用出来そうである。

持ち運びであるが、平らにした状態だと本当に持ち運びやすい。

IMGP1597

鞄の隙間にも入れやすいし、本体とマウスを剥き出しで移動する際も、

持つならこう(バ○リズム風)

IMGP1598

と言う感じで手のひらでしっかりホールドできる。

おまけ:

筆者の同居人はトラックボール好きと言う珍しい人でLogicoolのm570tを愛用している。今回Surface Pro2用にも追加で購入した。

IMGP1601

残念ながらトラックボールはBluetooth対応版が無くUnifyingレシーバーをUSBポートに差し込む必要がある。レシーバー自体は小型なのでSurface Pro2にさしていてもあまり目立たない。

IMGP1602

後ろから見ると少し出っ張って見えるが・・・。

IMGP1603

MX RevolutionのBluetooth版やトラックボールのBluetooth版等の新製品で出てこないものだろうか。

マイクロソフト 【Surface用】アーク タッチ マウス Surface エディション E6W-00008
マイクロソフト 【Surface用】アーク タッチ マウス Surface エディション E6W-00008

マイクロソフト ブルートラック ブルートゥース マウス Wedge Touch Mouse 3LR-00008
マイクロソフト ブルートラック ブルートゥース マウス Wedge Touch Mouse 3LR-00008

LOGICOOL ウルトラスリム タッチマウス ブラック T630BK
LOGICOOL ウルトラスリム タッチマウス ブラック T630BK

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t
LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*