Windows8 Room

Windows8 に関する基本から活用・裏技TIPS、開発まで様々な情報 発信中!(/゚∇゚)/ ))))

筆者はあまり端末に装着するタイプのケースは付けず、持ち歩く際は主にスリップインケースを利用している。

が、今回はVivotab Note 8用にケースを購入してみた。

IMGP1750

購入したのは回転機構式のケースのホワイト。最近はケースも数千円程度で購入出来るようになったので安くなったものである。まぁ、中華製なので品質はそれなりではあるが。

IMGP1730

カバーはポリウレタンレザー(似非革)、本体をはめ込む部分はプラスチックになっていて本体をパチンとはめ込む様になっている。

IMGP1733

はめ込み式なので、液晶周辺がスッキリしており画面端から指をスライドさせてチャームも出しやすい。

カバー自体はゴムバンドで留める。

IMGP1731

回転機構やスタンド機能のためカバーを取り付けると厚みは増す。

IMGP1732

表カバーにスリットが2つはいっており、ここに本体を引っ掛ける事でスタンドとして機能する。

IMGP1734

横方向の場合、スタンドの角度は2段階。

IMGP1735

IMGP1737

スタイラスも取り出しやすい。絵を描くのにもよさそうだ。

裏からみるとこんな感じになる。

IMGP1749

スリットがない部分で立てる事も一応出来る。

IMGP1748

完全に平にした状態。

IMGP1738

そしてこのケースの特徴である、回転機構。カバー部が360度くるくる回転する。

IMGP1740

カメラ部分に穴が開いているが、通常位置だとカバーで覆われており、少しカバーをずらさないとカメラ部が出てこない。あまり使わない場合は、普段保護されているとも言えるが。

さて、回転させた状態でスタンドにする事でケースに装着したまま縦方向に立てる事が出来る。

IMGP1741

ただ、縦方向の場合この角度でしかホールドできない。これより立てると、バランスが崩れてしまうのが残念である。

メモリカードや電源、USBコネクターへのアクセスは問題なし。スピーカー部も穴があいている。

IMGP1742

回転機構の部分であるが、中央は本体が見えている。

IMGP1743

iPadやDellの製品であれば、この部分にりんごのロゴやDELLのロゴが見えてお洒落だが、ASUSはこの部分に何もないのが寂しい。

ので、シールを貼ってみる。

IMGP1744

ケースをつけるとこうなる。

IMGP1745

イラストカードを挟んでみる。

IMGP1746

ちょっと楽しいかもしれない。

IMGP1747

結論。

筆者はやっぱりスリップインケースの方が好きであるヾ(・∀・;)

ASUS VivoTab Note 8 M80TA 専用 牛革調PUレザー 360度回転 縦横両方向スタンド機能付ケース (ホワイト)
ASUS VivoTab Note 8 M80TA 専用 牛革調PUレザー 360度回転 縦横両方向スタンド機能付ケース (ホワイト)

ASUS VivoTab Note 8 M80TA 専用 牛革調PUレザー 360度回転 縦横両方向スタンド機能付ケース (ブラック)
ASUS VivoTab Note 8 M80TA 専用 牛革調PUレザー 360度回転 縦横両方向スタンド機能付ケース (ブラック)

ASUS VivoTab Note 8 M80TA 専用 牛革調PUレザー 360度回転 縦横両方向スタンド機能付ケース (ブラウン)
ASUS VivoTab Note 8 M80TA 専用 牛革調PUレザー 360度回転 縦横両方向スタンド機能付ケース (ブラウン)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*